So-net無料ブログ作成
今日の本 ブログトップ

本棚とは [今日の本]

本棚を見て、ふと思う。

昔(10年位前)は小説7割、ノンフィクションとか2割、実用書1割だった。
今は小説4割、ノンフィクションとか3割、実用書3割くらい。

単純に「読みたい」って思って本を買うことがめっきり減りました。
「こういうのも読んでおかないと」「役に立ちそうだ」って買う本ばかりが増える。
たまに「読みたい」って思って買っても結局後回しになってしまい、枕元に積み上がるばかり。
新書やら実用書って、左脳は刺激するけど右脳は刺激せんのよね。
一方通行の情報を処理・分析するだけになってしまい、想像力が枯れそうで怖い。

まあ、本を「文字を印刷した紙の集合体」と取るか「知識の泉」と取るか「想像力の源」と取るかです。
年齢的なものもあるでしょうけど。

そういえばもう秋です。読書しましょう。
とりあえず今週末の3連休は、枕元の本を片っ端から読もうではないか。
まずはこの辺から。

ウイリアム・ゴールディング 「蝿の王」
ル・クレジオ 「海を見たことが無かった少年」
ガルシア・マルケス 「ママ・グランデの葬儀」

奇しくも皆さんノーベル文学賞を取ってますな。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トリプルとは [今日の本]

長編コミックとかを揃えていると、なぜか同じ巻がダブったりしませんか。
特にある程度までまとめ買いして、残りをコツコツ買い足す場合など。
自分が持って無いのが何巻と何巻だったか忘れてしまうんですね。

でも、同じ巻を3冊持っているやつ初めて見たぞ。
全部で23巻までで26冊、その上なぜか欠番が2巻とはいかがなものか。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

未確認とは [今日の本]

今読んでる本。

416171ZV5KL._SL500_AA240_.jpg
「人類はなぜUFOと遭遇するのか」 カーティス・ピーブルズ著 文春文庫

第二次大戦後に起こった「UFO騒動」の裏側を書いたもの。
客観的検証の羅列で、夢やロマンはありません。

とりあえず、オイラは宇宙人ではありません。たぶん。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無節操とは [今日の本]

ネットを見ていたら「ル・クレジオさんがノーベル文学賞をもらったよ!」というニュースが。
聞き覚えのある名前だと思ったら、本棚に1冊だけありました。

3164NDB0BNL._SL500_AA200_.jpg
「海を見た事がなかった少年」 ル・クレジオ 集英社文庫

よく見るとオイラの本棚には他にもギュンター・グラスとかゴールディングとか、ノーベル賞作家モノがあるではないか。おお、知的だ。しかしその隣に並んでいるのは「プロ野球データブック」とか「土俵の鬼」とか「人類はなぜUFOと遭遇するのか?」などの知的ではないがステキな本の数々である。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
今日の本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。